「iPhoneから送信」なぜ不評?

iPhoneからメールを送ると、文末に「iPhoneから送信」という署名が付きますよね。しかし、この署名が無意識に人をイラつかせてしまっているようで、この署名付きでメールを送ってくる人の評判がすこぶる悪いとのこと。Googleで「iPhoneから送信」と検索してみても、予測で「うざい」と出てくるほど、人をイラつかせているようです。
世の中にはさまざまなマナーがあり、それに反すると不評を買います。最近ではインターネットのデジタルツールの普及によって新たなマナーが追加されています。この新たなマナーは明確な合意がなされていないものが多く、人によって受け取り方もバラバラです。だから無意識で人をイラつかせてしまうことになるのです。
なぜ、「iPhoneから送信」はこんなにも人の心を逆なでするのでしょうか?よくある意見としては、「iPhoneを使っている自分を誇示しているように見える」というものです。確かに一部のiPhoneユーザーは「iPhoneこそが一番いけてるスマホ」と思っている節があるのかもしれません。そうした不遜な態度を「iPhoneから送信」という署名から読み取る人がいるようです。つまり「iPhoneから送信」という何気ない一文が、「自己主張」だと受け取られてしまうのです。
また、「忙しい自分をアピールしているようでうざい」という意見もあるようです。さらには、「iPhoneから送信」を付けてメールを送ってくるのはデジタルのリテラシーが低い証拠であり、そういう意識が低い人を見ていてイライラする、といった意見もあるそうです。「iPhoneから送信」という署名が付くのはiPhoneの初期設定によるもので、簡単な操作で変更することができるのになぜ変えないのか、ということなのだそうです。
当然、「iPhoneから送信」を言葉の通りに解釈すれば、「iPhoneという機種のスマートフォンから、わたしはメールを送信しましたよ」という意味にしかならないのですが、日本人はその一文にさまざまな意味を読み取ったり、意味を含めたりするのです。
便利になった反面、面倒くさい時代になったものだ。