サイコロキャラメル販売終了

明治は9日、「サイコロキャラメル」の全国販売を3月末に終了したと明らかにした。6月からは、製造するグループ会社がある北海道限定の土産品としてこのグループ会社が販売する予定とのこと。
サイコロキャラメルは1927年発売で、89年の歴史を持つロングセラー商品だそうだ。「遊べるお菓子」のコンセプトで、赤と白のサイコロのデザインの紙箱にキャラメルが入り、子どもに人気だった。販売終了時の価格は1箱に2粒入りの5箱セットが税込み132円だった。
同社によると、国内のキャラメル市場は不振が続いているといい、「全体的な低迷の中で売り上げが伸びず、全国販売の中止を決めた」という。
サイコロキャラメルと言えば、北海道発の人気番組「水曜どうでしょう」の企画でも使用されていることを思い出す人も多いだろう。全国販売が終了してしまうのは悲しいが、北海道では販売されるようなので少し安心した。