沖縄沖海底で金銀の採取成功

海洋研究開発機構などの研究チームは25日、国内最大規模の熱水鉱床が広がっている沖縄本島沖の海底を掘削し、金や銀の採取に成功したそうだ。海底下の資源は掘り出すのが困難とされていたが、チームは「人工的に噴出口を作ることで、極めて低コスト資源回収を実現できる可能性が開ける」としているという。同日の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに成果が掲載されたそうだ。
熱水鉱床は、岩石中の金属などが海底下で熱せられた海水に溶け込んだ鉱脈のことだそうだ。海底までの裂け目があると熱水と共に噴出して金属などが海底に煙突上に沈殿するという。銅、亜鉛などのほか、ガリウムやビスマスなどレアメタルを含むため、次世代の海洋資源として各国の探査が活発化しているそうだ。
同機構が掘削したのは、那覇市の北北西約190キロの海域「伊平屋北海丘」。2010年、地球深部探査船「ちきゅう」で水深約1000メートルの海底に直径50センチの穴を掘り、定期的に観察したとのこと。その結果、約310度の熱水が噴き出して人工的にできた鉱床は1日0.11トンのペースで高さ7メートル以上に成長し、13年の成分解析では1トン当たり金1.35グラム、銀数百グラム、銅45キロを含んでいたそうだ。
今井亮・秋田大教授によると、今回の金の含有量では採算を取るのは難しいが、銅やレアメタルも多く含まれれば価値は上がるといい「日本の領海内で資源を確保しておく意義は大きい」と話す。
同機構は3月17日まで、再び近海を採掘して観測装置を設置し、高濃度の金属を含む鉱床を効率よく形成させる実験をするとのこと。川口慎介研究員は「実験を通して金属がどのように沈殿し蓄積して鉱床を作るのかを調べたい」と話しているという。
海底にはまだまだ何が眠っているか分からない。